介護保険住宅改修工事専門店 テスリビト | 日記 | 転倒による骨折

介護保険を利用して「自宅で転ばない住宅改修」をお届けします。

Top >  日記 > 転倒による骨折

介護保険住宅改修工事専門店 テスリビト の日記

転倒による骨折

2015.03.11

今冬は転倒により骨折された方の手すり取付けが続いているさなか、気になる記事があったので転載します。

寒くなると、転倒も増えます。
毎日誰かが転倒しています。
寒さで動きが鈍くなるのでしょうか。
腰痛や膝痛は、この季節、悪化します。
血圧もあがりふらふらして、転倒します。
特に、夜中のトイレ時の転倒が多い。
転倒すると、時に骨折します。
大腿骨頚部骨折、腰椎圧迫骨折、上腕骨骨折など。
慌てて入院するも、そのまま寝たきりになることも。
あるいは、認知症が急速に進行することにも。
自宅に戻ることができず、病院や施設を転々として
気がついたら、「胃ろう」が入っていた・・
そんなひとを沢山見て来ました。
振り返れば、「あの入院」がコトの始まりだったと。
入院の元は骨折入院で、骨折の元は転倒です。
「病気のことより転倒予防ですよ!」
外来でも在宅でも、口を酸っぱくして言っています。
それでも転んでしまうのが、この季節なのです。
(以下、略)

「病気のことより転倒予防」
長尾和宏(長尾クリニック・院長)
朝日新聞デジタル(2014年12月10付)より

日記一覧へ戻る

【PR】  ビッグ手稲店 有限会社エフ・コーポレーション  ブライダル衣裳絹  新橋リラクゼーションマッサージ星洲  ルルヘアーデザイン  飯塚会計事務所